店舗の内装工事の相場費用が知りたい?支払いは分割払いがおすすめ!

店舗ビジネスを始めようと思ったら、内装工事は避けて通る事ができません。例え居抜き物件であってもスケルトン物件であっても、まったく内装工事をしないということはないでしょう。

アパレルショップなどの物販や美容室、飲食店を開業する場合には初期費用も高額になりがちです。そんな初期費用の大きな割合を占めるのが内装工事費であり、通常は銀行融資や内装業者の分割払いなどを活用する場合が多いでしょう。

しかし、「ビジネスクレジット」という仕組みを活用することで、月々負担のない金額で返済計画を立てられ、自己資金を多く用意できなくても無理なく内装工事ができることをご存知でしょうか?

この記事では、内装工事時に掛かる費用やビジネスクレジットとして、ローン返済にできる方法などを詳しく解説していきます。店舗開業の際には、ぜひ参考にしてみてください。

店舗を出すなら内装工事が必要

店舗を新しく出店するなら、内装工事が必要です。店舗物件については、「スケルトン物件」と「居抜き物件」が存在します。どちらにしても内装工事は必要ですが、それぞれにメリットとデメリットがあるので自分に合った物件を選ぶようにしましょう。

内装については、どのような店をするのかにもよりますが、業者に丸投げではなく自分である程度コンセプトなどを決めておく必要があります。

居抜きとスケルトン 内装工事の違い

居ぬき物件の場合は、既にある設備を流用できるので、かかる金額が安くて済むというメリットがあります。もちろん工期も短くて済み、できるだけ速く開店したいという場合にはおすすめです。

スケルトン物件の場合は、中身が何もなくガワだけ、という物件なので一から内装工事をする必要があります。スケルトン物件の場合は間取りから、自分の好きなように内装を決めることができます。電気やガス、水道などといった設備工事も必要になります。

内装工事のメリットとは?

人の目につく内外装、店舗デザインというものはそのまま企業のブランディングにも繋がります。凝ったデザイン設計にすることで競合他社との差別化も図れます。

また、導線などがきちんと現場目線で考えられ、気持ちよく仕事ができる環境が整っていれば、そこで働く社員のモチベーションの向上にも繋がります。大規模な組織改革などコミュニケーションの活性化のために、レイアウトなどを抜本的に改修することもあります。

内装工事の注意点

内装工事には、いくつかの注意点があります。スケルトン物件であれば間取りから店内レイアウト設計まで自由に決められる半面、どうしても費用と時間がかかってしまいます。

居抜き物件であれば、設備が古くて新しくする必要があったり、間取り・仕様などが既に決まっているため変更できないといった制限が入ったりすることがあるため、注意が必要です。

これらの注意点を踏まえてうまく予算を組み立て、予算内に仕上げてくれる施工業者を見つける必要があります。また、内装工事にはまとまった資金が必要である点も気になるところです。事前にある程度の金銭面の準備はしておきたいところです。

また、まれにですが中には物件を借りるときに内装業者の指定を受けることもあるため、物件選びの際からよく考える必要があるでしょう。

内装工事にかかる費用相場

内装工事には、どの程度の費用が掛かるのかを知っておく必要があるでしょう。とはいえ、出店する店舗によって設備費を含めた内装工事費用の相場は大きく変わってきます。

それぞれの店舗ごとに費用相場をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店

飲食店にかかる内装工事費用は、坪単価30万円~50万円程度が相場と言われています。基本的に、内装工事の費用は「店舗坪数×工事内容の単価」で計算されることが多くあります。

つまり、店舗が広ければそれだけ費用も多くかかるというわけです。とはいえ、狭ければそれだけ費用が安いのかといえば、そうでもありません。最低限の内装費用を決めている施工会社が多く、逆に狭すぎる店舗は割高になることもあります。

また、飲食店の場合は厨房の設備やそれに伴う配管工事なども必要になるため、オフィスや小売店などと比べると費用相場も高めになります。設備や内装が何もないスケルトン物件は費用が高めであり、坪単価50万円~60万円ほどかかるのが一般的です。

ある程度の設備は前の店舗のものを流用できる居抜き物件はかかる費用も安くなり、スケルトン物件の約半分で済む場合が多いです。また、特別な設備の必要な焼き肉店などでは、坪単価は高めになる傾向があります。

オフィスや小売店

オフィスや小売店の場合は、特別な配管工事や設備費がほぼ必要ないため、坪単価は20万円~30万円と安めになっています。

ただし、内装にこだわりのあるアパレルショップなどであれば、デザイン設計に費用が掛かることもあります。使いやすい間取りくらいしかこだわりのないオフィスなら、居抜き物件はむしろ使いづらいことも多いでしょう。

スケルトン物件でも坪単価20万円程度で施工してくれるところもあるため、内装費用を抑えることができます。

美容室や美容サロン

美容室や美容サロンであれば、坪単価は30万円~70万円程度で施工できるとされています。坪単価にかなり幅があるのは、居抜き物件であればコンセントや水回りなどの設備が既にあり、そこに費用が掛からないからです。

そのため、居抜き物件であれば安ければ坪単価25万円程度で施工できる場合もあります。スケルトン物件の場合はコンセントや水回りといった設備費用がプラスされるため、居抜き物件の倍程度、費用が掛かります。

内装工事の費用の支払い方法

内装工事の費用は、安くても100万円以上、高くなれば1000万円程度かかることもあります。店舗開店に向けた費用の中で最も割合を占めるのが、店舗の内装工事といえるでしょう。

そのため、事前に支払方法を検討しておき、支払える予算額の上限を決めておく必要があります。支払い方法にはいくつかの種類があるので、ご自分に合った方法を選択してください。

方法①自己資金

もっとも簡単で問題がないのは、自己資金で支払う方法です。

基本的に、内装工事費は分割払いです。たとえ一括で支払えるほど自己資金に余裕があったとしても、最低でも2分割で支払いましょう。2分割にする場合は、着工前に半額、工事終了後に残りの半額を支払うというものです。

もしも一括で施工前に支払ってしまうと、工事が雑になってしまったり、施工会社が倒産してしまったりした場合に資金を回収することもお店を開くこともできなくなってしまうからです。

内装工事は、大きなトラブルになることもあるため、施工前の現金の一括払いはしないようにしてください。

方法②銀行融資

店舗を新規開店する際には、銀行や信用金庫から融資を受けることもできます。

融資を受けることができれば、自己資金を十分に用意することができなかったという場合にも開店することができることがメリットです。ただし、融資を受けるためには事業計画書をしっかり作りこむのはもちろんのこと、一般的に審査などに時間が掛かることがデメリットといえるでしょう。また、申請しても必ず融資が受けられるわけではありません。

方法③ビジネスクレジット

内装工事費用は、高額すぎてクレジット払いはできない、と思われがちですがそうでもありません。

内装工事費や機器類を対象としているビジネスクレジットを利用したリースで支払う方法があります。

最長で7年払いにできるため、自己資金が用意できなかったり、手元にキャッシュを残しておきながらほかの部分に運転資金を回したいというときにはおすすめです。

他店舗展開などスピードが早い業態にもこちらが向いています。

ビジネスクレジットでのローン返済がおすすめ

たとえ分割払いであっても、すべて自己資金で支払ってしまうと施工完了後には500万円なり1000万円なりといった大金がすべてなくなってしまいます。

そうすると、開店後の運転資金にも影響が出ることもあるでしょう。そうでなくとも、心の余裕が全くなくなってしまうという人も少なくありません。

そのようなことにならないためにも、結論としてビジネスクレジットの活用をおすすめします。もちろん、審査は必要になりますが、ビジネスクレジットのローン返済であれば、一定の金額で月々の返済とすることができるからです。

法人だけでなく、個人事業主でも審査に申込みができるビジネスクレジット会社もあります。

まとめ

店舗を新規開店する際には、かなりの資金が必要になります。その中でも大きなウェイトを占めるのがなそう工事費用であり、この部分を月々のローン返済にできれば手元に資金が残せて余裕ができます。

とくに開店当初はお客を呼び込むのも難しい場合が多いため、ぜひビジネスクレジットを活用してみてください。

開業時のホームページ制作のご相談の傍ら、店舗を構える事業者様に向けて弊社でもビジネスクレジット会社のご紹介を行なっております。詳細資料をご用意しておりますので、お問い合わせフォームよりお気軽にご請求ください。

SEO・WEBサイトに関することなら
お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us about SEO&WEB-site

CONTACT

お問い合わせ・ご相談

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい
場合にはお問合せフォームをご活用ください。

WEBCOS

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
アミーホール3階

050-5362-8153
info@webcos.co.jp

Copyright © 2022 Webcos Inc. All rights reserved.