無料ブログでのビジネスサイト作成をおすすめしない理由

これまで数多くの個人ブログや企業サイトを見てきました。

個人ブログとして、日記程度のサービス利用なら良いのですが、実業をされている企業の中でも、ブログの更新に無料ブログを使用しているケースがあります。

結論、無料ブログはおすすめしません。

今回はその理由についてご説明していきます。

これからブログを始めようと思っているWEB担当者の方はもちろん、すでに無料ブログでの記事執筆を続けている方もぜひ読んでみてください。

企業PRのために多くの企業がブログを選択する

ビジネスを行う中で、これまでは現場や実店舗での販売促進で集めていた見込み客をインターネットの場にも広げたい。

このような閃きから、ひとつの企業PR施策として候補に上がるのが「ブログ」です。

ここまでは至極真っ当な流れです。活動の場をリアルだけでなく、インターネットに広げることはデジタルマーケティング活動の第一歩です。

そしてブログを始めると決めた次の疑問は「ブログってどうやって作るの?」ということになるでしょう。

担当者は早速Google検索から「ブログ 作成」というキーワードで検索をすることが想像できます。

検索結果に並ぶのは「ブログを始めるならどのサービスが良い?」などの比較記事。担当者はさっそく一番上に表示されている記事をクリックします。

無料ブログの紹介記事だがそのサイトは有料ドメインを使用

無料ブログを運営されているサービスを悪く言うつもりはありません。

しかし、意識せずともこのように普段私たちがネット検索をして検索結果上位にいる記事をクリックすると、ほとんどが独自のドメインで運用されている個人・法人サイトだという事実があります。

企業PRを行いたい場合、きちんと独自ドメインの中で運用されるブログを作成した方が良いでしょう。

無料ブログをおすすめしない理由

ここからは具体的に無料ブログをおすすめしない理由について書いていきます。

無料ブログではできないことが多い

実際には近年のブログサービスは進化しており、かなり自由度の高いサービスも存在しています。

デザインなどもエディターのおかげで整理されたレイアウトが出来上がったり、他サービスとの連携だったりとHTMLとCSSだけでWebサイトを作っていた時代からすると圧倒的に「作り上げることは簡単」になったという印象です。

でもちょっと待ってください。ウェブサイトって今が良ければそれで良いのでしょうか?

アクセスが伸びたら広告枠をウェブサイト上に設置してみたり、デザインを自分好みに変えたり、SEOを勉強するとソースコードにこだわりができてきたり、、、

そんな時に気づくのです。

「人の土俵で戦っているうちは、本当にやりたいことができない」

という数々の「制限」のジレンマにです。

ブログの移管が望んでいるレベルで行えない

結論ですが、この課題は大変重要です。もちろんブログ同士の引っ越しサービを提供している無料ブログサービスもあります。

今回お伝えしたいのは、「無料ブログから有料ドメイン(自社サイト)に移管する場合」です。

最終的にはインターネットで生命線とも言えるような「ブログなどの資産の引き継ぎ」いわば事業継承がうまく行かないことがほとんどです。

それもそのはず。無料ブログサービスは各ページ上に貼られた広告枠などから広告収入を得ていたりしていて、これが無料ブログサービスのビジネスモデルでもあります。

自社のブログサービスから他社へ簡単に乗り換えれないようにさせているというわけです。(できるとしても、有料プランにアップグレードしてください、などとして費用課金が必要)

SEOサービスを提供しているような弊社からすると、サイトリニューアル時などで特にこの点が悩ましく、長年運用されているような無料ブログでも、これまで築き上げたWEB上の資産・評価をきちんと新サイトへ統合することができません。

無料ブログはサービスが終了する可能性がある

どんなに長年たくさんの記事を投稿していたとしても、有名どころのブログサービスでも終了することがあります。

Yahoo!ブログ、GMOのヤプログ、eoblog、iZa、DTI blogなどなど、必ずしも無名のブログばかりが終了するわけではありませんが、大手の看板のあるブログサービスですら終了してしまいます。

終了してしまったらそれで最後です。

自分達ではどうすることもできないブログの終了というアナウンスに従うしかありません。

このようなリスクを自分達でほとんどコントロールできないのが無料ブログの特徴です。

おわりに

無料だからとつい勢いでコーポレートのブログ作成を無料ブログサービスでいいや、とお考えのWEB担当の方に届くことを願っています。

無料ブログとはいえ、更新をし続けるためには人間の労力が必要です。

その労力を無駄にしないためにも、ブログを使ってビジネスサイトを作成するのはおすすめしません。

会社のドメインがある場合は、自社ドメイン内でのブログ運用をぜひ検討してみてください。

comment



WEBCOS

Contact Info

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-3
アミーホール5階

050-5362-8153
info@webcos.co.jp

Copyright © 2019 Webcos Inc. All rights reserved.