ホームページとは何か?意味やウェブサイトとの違いについてネット知識を身につけよう

この記事を読んでいるあなたは「ホームページとは?」や「ウェブサイトとの違い」を調べているはずです。

インターネット上や普段の会話の中からも見聞きするこの2つの言葉。気にしなければそれまでですが、ウェブ業界に携わっている側としては基本のキ。

実際には違いがありますので、今回は初心者の方にもわかるように、ざっとその意味や違いについて書いていきます。

ウェブサイト(website)とは?その構成

まず「ウェブサイト(website)」から。

本来「ウェブ(WEB)」には、英語で「クモの巣、蜘蛛の巣状のもの」といった意味があります。情報と情報、場所と場所など、あらゆるものがそれぞれ相互に繋がった状態のネットワーク網のことをウェブと呼んでいます。

ウェブサイトは「ウェブページ」の集合体

いまあなたが読んでいるこのページは「ウェブページ」の1つです。

そしてお気づきのように、このウェブページからまた別のウェブページへと行き来することができるようになっています。ウェブページは個々に厳密にはインターネット上での住所を表す「URL」というものをもっています。

これら「ウェブページ」が集まって合わさったものが「ウェブサイト」と言うわけです。

ホームページ(HP)とは?

ではホームページ(HomePage)とは何でしょうか?

本来、「ホーム(Home)」には、英語で「家、本国、本部」といった意味があります。 つまりイメージとしては、ある場所が起点となるような、故郷だったり原点というようなニュアンスを含んでいます。

ホームページは2つに分かれる

1.ウェブサイトのトップページのこと

私たちの業界でのイメージは主にこちらです。

ウェブサイトはネット上の住所に当たるドメイン内に設置されるのですが、このドメインをインターネットブラウザに入力して表示される一番最初の「ホーム」、つまり起点となるウェブページが「ホームページ」です。

2.インターネットブラウザを開いて一番最初に表示されるページのこと

インターネットに接続して世界中のウェブサイトを見るときに、Internet Explorer, Edge, Chrome, Safari, Firefoxなどさまざまなインターネットブラウザーがあります。このブラウザーを立ち上げて、インターネットにアクセスしたときに表示されるウェブページのことを「ホームページ」と呼んでいます。

ブラウザの設定でどこをホームページにするかを個人で変更できるので、必ずしもウェブサイトのトップページ=ホームページとなる、とは限りません。

ウェブサイト=ホームページとして覚えて良い

と、ここまで「何が違うの?」という知識欲を満たすためにこのページを読んでくれたあなたには「なんだよ」と思われたかもしれません。

しかし実際のところ、多くの人の認識ではウェブサイトとホームページは同じものとして捉えられています。どちらで呼ぶにしろ、各人の脳内で自動的に相互変換されるのです。

でも今後自分・自社のウェブサイトを作成したいとなった際に、ウェブサイトの制作会社を探す時が来るかもしれませんね。その際には「「ウェブサイト」と「ホームページ」は何が違うのか?」と尋ねてみるのはどうでしょうか。

どのように答えるかで業者の良し悪しを判断する指標にはなるかもしれません。

comment



WEBCOS

Contact Info

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-3
アミーホール5階

050-5362-8153
info@webcos.co.jp

Copyright © 2019 Webcos Inc. All rights reserved.