WEBサイトで英訳を翻訳できるツールは?スタッフと機械翻訳の違いも比較してみよう

WEBサイトで簡単に英語を翻訳できたら、そのように考えたことはないでしょうか。実際に翻訳したいと思っても、スタッフを雇うにはそれなりの費用が掛かります。

しかし、もしWEBサイトで簡単にできれば費用が節約できるのではないでしょうか。とはいえ、便利な翻訳ツールがあってもその精度が問題です。翻訳した言葉が間違いばかりでは、何の意味もないからです。

今回は、そんなWEBサイトで英語を翻訳できる便利なツールと、その精度を詳しく解説していきます。

WEBサイトで英訳は翻訳できる?

そもそも、WEBサイトで英語が翻訳できるのでしょうか。いくつかのツールはあるものの、その精度はどの程度なのか、そこが重要です。翻訳スタッフを雇うことなく英語を翻訳できるのであれば、大きな利点があるでしょう。活用する前には、その必要性やどのようなシステムであるのかを知っておくことが大切です。

多言語化するWEBサイトに対応

外国人観光客や海外からの移住者が増え続け、道路標識や看板などには英語や中国語など日本語以外の言語も入れられています。そうなってくれば当然、WEBサイトにも多言語化が求められるようになってきていると考える人も多くいるでしょう。

外国人に対応するためには、WEBサイトであってもさまざまな言語に対応できるようにしておかなくてはなりません。言語の壁は大きく、対応できることで国際社会でも生き残る事ができるからです。

検索にヒットするように設計されている

WEBサイトを多言語化するとはいっても、検索はどうすればいいのかわからないという人もいるでしょう。実際には、多言語化されたWEBサイトを検索するときには、日本語でも問題ありません。日本語や英単語のキーワードで検索し、アクセスした後にページを他の言語に切り替えることができるからです。日本語以外の言語で見たいのであれば、初めからほかの言語を入れて検索してページを出すようにすればわざわざ切り替えなくていいのでは、と思う人もいるかもしれません。

しかし、実はツールによる自動翻訳を利用すると、ユーザーのブラウザ上で翻訳されたページが表示されるだけです。htmlソースとして翻訳されたページは、存在しません。翻訳されたページが存在しないのであれば、検索にヒットさせる事ができません。それぞれの言語で生成されたページを用意することが大切なのは、検索にヒットさせるためです。

こういった表示の仕方は、独自にサービスを行っている、他にない商品を展開している、または地名などの固有名詞で検索したい場合には有効です。

翻訳スタッフと機械翻訳を比較してみよう

実際に、翻訳スタッフ(翻訳会社)に依頼する場合と機械翻訳でツールを使用する場合にはどういった違いがあるのかを比較してみましょう。主に、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのか、どちらを使うほうが自社のWEBサイトに合っているのかを知っておくことが重要です。

メリットを比較

まずは、メリットを比較してみましょう。翻訳スタッフ(翻訳会社)によるメリットは、専門用語でも的確に訳してくれるところです。どのような言葉もうまく意味が通るように翻訳してくれるので、特に専門性が高いWEBサイトには向いています。また、画像化した部分にも対応できるなどの柔軟性もあり、テキスト以外の部分で表現したいことが多いというWEBサイトにも合うでしょう。

機械翻訳によるメリットは、コストが低く抑えられることです。翻訳ツールを使うことで英語だけでなく多言語に対応できるのも、大きなメリットといえます。もちろんWEBサイトを更新する際にもわざわざほかの言語での対応をする必要がなく、ベースとなる日本語のページを更新するだけでいいので、人手や労力も大して必要としません。導入も簡単なので、だれでもすぐに取り入れられます。

デメリットを比較

基本的にメリットの反対は、デメリットになります。

翻訳スタッフによるデメリットは、コストの高さがあげられます。外国語に対応するためには、新たに外国語のページを作る必要があります。当然、英語のほかにも対応したいのであればその分もページを作る必要があり、言語の数だけコストがかさんでいくでしょう。さらにサイトを更新するにあたっても、わざわざほかの言語で作成したページをまた、翻訳会社に持ち込んで対応してもらう必要があります。人の手で翻訳するために即日対応というわけにはいかず、制作するのには時間も必要です。

機械翻訳によるデメリットは、専門性のあるWEBサイトには完全に対応しきれないという点です。機械翻訳では翻訳のニュアンスに限界があり、専門用語などが多くなってくると意味の分からない翻訳も出てきてしまいます。また柔軟性はなくテキスト以外の部分は翻訳できないため、画像部分もテキストに直して制作する必要があるでしょう。

おすすめ機械翻訳の精度と特徴

翻訳スタッフに頼らなくても機械翻訳ができるツールには、いくつかの種類があります。その中でもおすすめのツールの精度と特徴を紹介するので、WEBサイトを英語に翻訳したいのであればぜひ、活用してみてください。

Deepl翻訳の精度と特徴

WEBサイトの翻訳ツールには、DeepL翻訳(ディープ・エル翻訳)があります。機械翻訳とは思えないほどかなり自然で、精度の高い翻訳をすることができるツールです。固有名詞なども正確に訳すことができ、正確性にこだわりたいサイトであっても翻訳会社に頼ることなく低コストで多言語サイトを実現することができるでしょう。どれほど精度が良いかというと、ビジネスシーンでも安心して使えるほど。同社が行なったブランドテストでにおいても、他の翻訳ツールに比べてDeepLの精度が一番という結果が出ています。

ブラインドテストは、DeepL翻訳とGoogle、Microsoft、中国大手の百度、有道などの翻訳システムで訳した文章を並べ、翻訳システムの名前を伏せた状態で日本語と中国語の翻訳者に示し、最も優れた訳文を選んでもらうというものです*1。このテストにおいて、すべての言語ペアにおいてDeepLが1番の品質の訳文であるという結果となりました。

簡単に導入でき、無料版もあるDeepLはその使い勝手の良さからも注目を集めています。オンラインで利用することができ、翻訳の精度が良いだけでなくスピードも速いのが特徴です。ほぼリアルタイムに変換されるため、WEBサイトの翻訳だけでなくDeepLから提供されているAPIを活用した開発を行えば、チャットサービスでのやり取りなども可能となるでしょう。それほどメジャーなツールではありませんが、今後翻訳できる外国語の種類も増えていくこともあって大きく伸びていくことが期待されています。

弊社参考記事:https://www.webcos.co.jp/news/558/

Google翻訳の精度と特徴

有名な機械翻訳ツールといえば、Google翻訳でしょう。Google翻訳の特徴は、100以上もの言語に対応できるところです。他にもいくつもの機械翻訳ツールがあるものの、ここまで多くの言語に対応できるツールはそうそうありません。また、Googleアカウントを取得することでだれでも簡単に無料で導入できるのも、大きなメリットといえます。しかし、その精度はあくまでも機械翻訳でありそこまで高くはありません。

もちろん、読めないほど精度が悪いということはないです。「ニューラルネットワーク」システムの導入によって、翻訳精度は飛躍的に上昇しました。とはいえ、専門性が高いサイトに対応することは非常に難しく、いまだにその精度は良いとはいえません。

まとめ

機械による自動翻訳ツールは多くあります。しかし、翻訳の精度が良いかと問われれば、多くの自動翻訳ツールはなかなか向上は難しいといわざるを得ないでしょう。コストを抑える事ができても、サイトの内容がうまく顧客に伝わらなくては何の意味もありません。

グローバル社会となり外国人の観光客や企業としても海外との取引機会が増えていく中で、外国の方と接する機会も多くWEBサイトや連絡ツールも英語などの外国語に対応できることが重要になってきています。

しかし、WEBサイトを作成するのにそこまで莫大なコストをかけることもできず、どうすればいいかわからないという人もいます。そういったときには、ぜひDeeplの翻訳ツールを活用してみてください。翻訳の精度は非常に高く自然な内容にできるために、外国の人にも理解されやすいオンラインコミュニケーションができることでしょう。

過去弊社ニュースリリース

SEO・WEBサイトに関することなら
お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us about SEO&WEB-site

CONTACT

お問い合わせ・ご相談

お見積り依頼や詳しいご相談をされたい
場合にはお問合せフォームをご活用ください。

WEBCOS

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-3
アミーホール3階

050-5362-8153
info@webcos.co.jp

Copyright © 2022 Webcos Inc. All rights reserved.